岐阜へ①

今月の初めに個展の打合せと新しくお取扱いさせていただく

作家さんに会いに行ってまいりました!

車を走らせること2時間弱、、岐阜県土岐市へ。

Img_9756

最初にお邪魔したのが、水野幸一さんの工房、「陶房 一 窯」(はじめがま)。

お会いするのはこれが2度目で、1度目はまだお取引することも

決まっていない時に、店に竹かごを買いに来てくれたのです。

お取扱できたらなぁ...と思っていたから本当にびっくりで!!

ビックリしすぎていきなり「えーーーー!」とお客様もいたのに

大きな声で叫んだような記憶が(笑)

かなりアタフタしてたと思います、、、恥ずかしい。

そんなことはさておき....

ご挨拶に伺ったこの日は展示が迫っているという

とてもお忙しい時でしたので、ゆっくりお話はできませんでしたが...

と言いながら、1時間以上、、(ごめんなさいー)

少し仕入れもさせていただいて、帰ってまいりました!

Img_9772

デンマークでの留学経験がいかされているという、

スタイリッシュなフォルムが印象的な水野さんの作品。

Img_9773

私が初めて購入したのがこちらの角皿と下のひずみ鉢(右)

その時は銅彩釉(黒)を選びましたが、色も大きさも

いろいろあるので、またゆっくりご紹介させていただきますね。

Img_9793

銅彩釉シリーズは、使い込むほど、しっとりとした

落ち着いた風合いに変わっていきます。

変化も楽しみながら育ててあげて下さい。

Img_9791

初めて手にした時は薄くて軽くて扱うのに少し

緊張してしまうかもしれませんが、飲食店でも使われることが

多いという水野さんの器は、業務用としても問題ないほど

丈夫で扱いやすく目止めの処理も不要でレンジも可能と....

良いこと尽くめなのです。

Img_9808

ころんとした形が可愛らしい粉引掻き落しボウル。

粉引もシミなど気にせずガンガン使ってほしいと水野さん。

Img_9806

空色釉の深鉢。とてもきれいな色です。

水野さんはもともと磁器を制作されていたそうで、白い器ばっかりで

飽きちゃって(笑)...と、今のような様々な作品を制作されることになったそう(^^)

本当にいろいろなアイテムがあって、目も心も楽しませてくれます。

Img_9900

こちらはコッツウォルズシリーズ。イギリスのコッツウォルズ辺りで

作られるクラフトのような感じだったので、

”コッツウォルズ”とネーミングされたそうですよ。

 

あ、そうそう水野さんは、清岡 幸道さんと同じ芸大卒。

そんな関係から、先日お二人で場所なども決めて

展示会をやってしまうほど!(次は東京でありますよ)

またいつかお二人で何かできたらいいなぁ...と思っていますが、、、

清岡さん忙しすぎて無理でしょうねぇ(笑)

Pa04001800

それにしても、水野さん、

とても腰の低い方で...

見習わないと、、、

久しぶりにです。こんな方にお会いしたのは。

お忙しいところ、本当にありがとうございました!!

 

水野幸一(みずのこういち)

1972年 土岐市に生まれる

1996年 大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業

1996年 王立デンマークデザインスクールで制作

1998年 帰国後、「陶房一窯」を開く

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

Instagram @saviniwa

| | コメント (0)

入荷のお知らせ

ブログの更新かなりサボってました、、、スミマセン(汗

反省。

今日までにいろいろ入荷しておりますので

ご紹介していきますね。

Img_9712

さこうゆうこさんのガラスのオーナメント。

今回はクリアのみです。

窓際に飾って、サンキャッチャーのように楽しんでみてください!

ヒヤシンスポットは11月入荷予定です。

Img_9726

こちらは黒川登紀子さんのコーヒーサーバー(2cup用)と

サーバーminiです。

Img_9732

ガラスドーム。フードカバーとして、またはオブジェなどを

閉じ込めて飾っておいても。

Img_9731

シリンダーボウルとミルクピッチャー。

ホーローのように見えますね。

Img_9740

透けた感じとても美しい。

こちらはカラーコップ(セラドンとアイボリー)

 

オンラインショップには来週掲載予定ですが

すべて掲載されません...ご了承ください。

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

 

| | コメント (0)

お知らせ

鈴木史子さんから個展のお知らせです!

20170930

くみあわせ つみかさね

鈴木史子 器展

10/5(木)~17(火) 10:00-18:00 (定休日 水曜)

在廊日 10/5、8、15

うつわとギャラリーの寓

豊川市桜木町3-1(牧田園横)

0533-86-5768

耐熱などもいろいろ並びそうですね。

ぜひ、お出かけくださいね!

 

| | コメント (0)

入荷のお知らせ

先日少しご案内しました山崎さおりさんのポットや急須など1つ1つ

ご紹介していきますね。

Img_9672

粉引ポット

Img_9675

粉引急須

P9240011

ポット(黒)

Img_9674

急須(黒)

Img_9673

粉引湯呑

Img_9702

ころんと愛らしいポットや急須。

お気に入りの茶器があると

いつものお茶の時間がさらに充実したものとなるでしょう...

1つ1つ表情が異なりますので、ぜひ手に取ってご覧ください。

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

Instagram @saviniwa

 

| | コメント (0)

入荷のお知らせ

先日ちらっとご紹介しました小山乃文彦さんの

作品をご紹介していきますね。

P9200005

【再入荷】ポット

温かみのある白い肌、このころんとした形が人気。

P9240020

【再入荷】急須

P9240015
P9240016

こちらは台皿。2年前の個展で作られたもの。

菓子皿にぴったりです。少し高さがあるうつわは

ちょっと特別感があっていいですね。

P9240017

【再入荷】片口小鉢。化粧土の濃淡、流れなど

とても雰囲気のある仕上がりです。

P9240018

7寸平皿。ほぼ平らなので盛り付けしやすいです。

1つ1つ表情が違うので選ぶのも楽しいですよ!

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

Instagram @saviniwa

 

| | コメント (0)

お知らせいろいろ

最近、寝るのが遅くて、でも目が覚めるのは早くて(笑)

お肌もガサガサ、、、企画展の疲れというより

夏の疲れを引きずっているような、、、

季節の変わり目なので、特に規則正しい生活にしなくては。

さて、

こちらでご紹介する前に、完売してしまったのですが、

田澤祐介さんから蒔地漆薄白7寸丸皿が届いていました。

P9010046

蒔地とは漆を木地に直接塗り、砥粉(土を焼いて粉にしたもの)などを

蒔きかける技法で、表面がざらっとしているのが特徴です。

傷が目立ちにくく、丈夫で普段使いに最適です。と説明しておいて

もうありませんが、、、、

次回入荷までお待ちくださいね!

そして、田澤さんからお知らせが...

201709242

森林たくみ塾で多くの弟子を育てられた庄司修元師範を中心に、

オークヴィレッジ、森林たくみ塾卒塾生による、合同の展示会を開催。

出展者(50音順)

川合優/soma ・ 近藤正樹  ・  田澤祐介   ・ 富井貴志 ・ 中西洋人

中矢嘉貴 ・ 名古路英介 ・ Hitokei 松藤宏幸

ふるいともかず ・ ようび

日程 9/27(水)~10/3(火)

場所 阪急うめだ本店 10階 中央街区パーク

お問合せ先 オークヴィレッジ大阪 TEL:06-6313-9657 

田澤さんの在廊日 9/27終日と10/3午後~

もう1つ

201709241

もう今年で15回目になるのですね...

こちらに田澤さん、さこうゆうこさんのお名前もありました。

さこうさん久しぶり?ですよね...

そして、今年も、風人・風サポーターとして

菅原博之さんと奥様のわかこさんも♪参加されています。

10/14(土)、15(日) 10:00-16:30

ニッケコルトンプラザ屋外会場(千葉県市川市鬼高1-1-1)

 

企画展が終わると同時に、うつわがいろいろと...届いています。

Img_9622

小山乃文彦さんのポットや急須、再入荷しました。

Img_9624

山崎さおりさんのポットや急須、湯呑も届いています。

ゆっくりお茶を楽しみたいですね。

また後日、詳しくご紹介させていただきます!

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

Instagram @saviniwa

 

| | コメント (0)

«企画展 「Ce week-end c'est Brunch」 終了しました