カテゴリー「城 進」の記事

企画展「五感に響く一杯のお茶」 出展作家の紹介

今回の展示の出展作家をご紹介していきます。

P4160111bl

小山 乃文彦 (おやまのぶひこ)

1967 熊本県生まれ

1992 常滑市立陶芸研究所修了

1996 愛知県常滑にて独立、築窯

粉引中心に制作

P4160118bl

城 進 (じょうすすむ)

1971 大阪生まれ

1995 京都精華大学美術学部造形学科陶芸専攻

    2000年までに 世界50カ国を旅する

現在、三重県伊賀市で制作

アフリカの泥染の紋様をモチーフとした鉄絵を始め

粉引や白磁などを制作

P4160135bl

三浦 ナオコ (みうらなおこ)

北海道生まれ

桑沢デザイン研究所 卒業

多治見市陶磁器意匠研究所 卒業

現在、岐阜県多治見にある studio MAVOにて制作

古い器や李朝白磁のような、味わいのある器を制作。

P4160126bl

大浦 裕記 (おおうらひろき)

1978 兵庫県生まれ

2002 沖縄読谷で修行

2007 兵庫県で独立→千葉へ

現在は兵庫県篠山市にて作陶

漆や錫などを使い独特な風合いを表現

P4160116bl

山崎 さおり (やまざきさおり)

1975 北海道旭川生まれ

1996 愛知県立窯業技術専門校デザイン科卒業

1997 益子、笠間にて焼き物を学ぶ

2001 笠間市に築窯

急須やポット、茶壺など茶器のみを制作

P4160122bl

境 道一 (さかいみちかず)

1975 長野県須坂市生まれ

1993 岡山県立備前陶芸センター入所
1994 備前焼作家正宗悟氏に師事
1997 長野県須坂市に穴窯築窯
2015 香川県木田郡に穴窯築窯

薪窯で織部や焼き締め、灰釉などを制作

 

企画展「五感に響く一杯のお茶」 

2018年6月2日(土)~10(日) 11:00-17:00

<期間中の休み 6/6(水)>

出展作家

大浦裕記、小山乃文彦、境道一、城進、三浦ナオコ、山崎さおり

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

Instagram @saviniwa

 

 
 
 

| | コメント (0)

展示のお知らせ

展示のお知らせが届いていますので

ご紹介しますね。

Img_1687

城進のうつわ展

3/10(土)~25(日)10:00-18:00

月曜定休

在店日 3/10

-------------------------

◎3/20(火)21(祝水)

11:00~12:30/13:00~14:30

城さんのうつわをつかって四月の魚さんの

スペシャルランチがあるみたいですよ。

詳しくはFIELD NOTE さんへ

奈良県四条大路2丁目2-77

TEL 0742-36-7227

Img_1688

田中大喜 展

3/14(水)~31(土) 11:00-18:00

日曜、月曜休み

在廊日 3/14、21

うつわ クウ

芦屋市西山3-11 ラフェルテ芦屋川1F

TEL 0797-38-8339

◆DMはsavi no niwaにもあります

Img_1694

竹口 要 展

3/17(土)~25(日)12:00-19:00

wad+ (大阪市中央区南船場4-9-3)

◆DMはsavi no niwaにもあります

Img_1693

ヘムスロイドの杜まつり2018

5/19(土)、20(日) 10:00-16:00

ことうヘムスロイド村

滋賀県東近江市平柳町568

◆DMはsavi no niwaにもあります


 

お近くの方、ぜひお出かけください!

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

 

| | コメント (0)

入荷のお知らせ

城 進さんのうつわが届きました。

P7140118

鉄絵シリーズ

こちらは、ろくろで成形したあと、杉綾紋(ヘリンボーン柄)を

蠟抜きという技法で1本1本丁寧に線を入れていき弁柄で着色します。

(*蠟抜き....溶かしたロウで線を入れ、その部分が化粧土や釉薬などを弾かせ

模様にしていく方法。蠟がマスキングテープのような役割を果たします)

Img_8704

マグカップ(¥3024)

以前、個展で購入して以来、お気に入りに。

渋い風合いだけど、なんだか可愛らしい、、と思ってしまうのです。

それは、このサイズ感かな...

たっぷり楽しみたい方にはちょっと小さいですが

皆さんに手に取っていただきたくて、今回お願いしました。

P7140095

角皿(¥2160)

こちらは再入荷になります。

薬味やお漬物、フルーツやチョコレートなどの小さなお菓子...などに。

P7140097

長角皿(¥4320)

長方形のお皿はテーブルのアクセントにもなるので、おすすめです。

長方形だからと言って特別なことはなく、丸いお皿と同じように

使ってくださいね。焼き魚やお刺身との相性は抜群ですし

卵焼きや冷奴、おにぎりやサンドイッチだっていい感じなります。

また、カップとお菓子をのせてトレーとして使ったりするのもオススメです。

お皿は様々なデザインがあるので、選ぶのも楽しいですよ!

ぜひ手に取ってご覧くださいね。

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

 


| | コメント (0)

お知らせ

城 進さんからDMが届きました!

201703031

城 進 展

3/10(金)~19(日)11:00-18:00 (会期中無休)

在廊日 10.11

ギャラリー SHELF(大阪市中央区)

詳細はこちらへ

系列のMOTO COFFEEさんで使用しているポットやカップなども

拝見できるそうですよ!

DMは当店にもありますので、ご自由にお持ち帰りくださいね。

201703032

そして

城さんの鉄絵の原点となった西アフリカで

出会ったボゴラン(泥染の布)。

懐かしい写真とともに綴られた小冊子もございます。

ご興味のある方はぜひ。

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

 


| | コメント (0)

入荷のお知らせ

城進さんから耐熱のものが届きました!

Pa150018

耐熱面取鉢(小)¥9,720

ちらりと写っているのが、レシピが載った冊子。

お買い上げいただいた方に差し上げます。

とっても素敵ですよ。

Pa1500241

耐熱黒釉鉢(小)¥7,560と、(中)¥16,200

普段は鉢としても使ってくださいね。

Img_2359

これは(小)サイズのほうで、シチューを作った時の写真。

(小)で2~3人分くらい。

Pa1500221

ごはん鍋(小/2-3合)¥16,200、(大/3-4合)¥19,440

煮込み料理にも、ぜひ!これでコトコト煮込んだら絶対美味しい...

 

今週の営業日、10/20(木)~ご覧いただけます。

お待ちしております。

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

 

| | コメント (0)

城 進 さん

三重県伊賀市で作陶する 城 進 さん。

新しくお取扱いさせていただくことになりました。

城さんの作品を初めて手にしたのは一昨年のこと。

灰釉粉引の汲み出しに一目ぼれ...

城さんの作品と知らずに購入したのが最初でした。

201601201

城さんと言えば...鉄絵でしょうか...?

こちらはアフリカの泥染の紋様をモチーフにされた作品です。

北欧の雰囲気もありますね。

201601203

白灰釉粉引ポット、灰釉粉引蕎麦猪口、灰釉粉引鎬豆皿。

201601202

城さんは、粉引、灰釉、白磁、飴釉、耐熱の器、焼き締めなど

たくさんの種類を作られています。

  
1971  大阪生まれ

1995  京都精華大学美術学部造形学科陶芸専攻卒業

2000  までに世界50か国を旅する

世界50か国にびっくり!

 

こちらでご紹介していない作品もありますので

ぜひ見にいらしてください!

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

 

| | コメント (0)