カテゴリー「早川 ヤスシ」の記事

入荷のお知らせ

早川ヤスシさんの作品が届きました。

早速、ご紹介していきますね。

P8260362

【鉄釉小鉢】再入荷 (径12×7.5㎝ ¥2700)

前回人気だったこちらの小鉢(ボウル)ですが

今回、変更箇所があります。

高台はスッキリとした印象に変わり、前回全体にかけてあった釉薬は、

今回から下部はかけずに仕上げてあります。

少し素地が見え、土の温かみを感じたり、

釉がぽてっと溜まっていたり流れていたり...

前回にはなかった表情を楽しんでいただければ。

P8260374

【白粉引スープカップ】再入荷 (径13×6㎝ ¥3024)

こちらは特に変更箇所は聞いておりませんが

前回と比べるとメリハリのある形に。

さらに前回より味わい深い表情になっている印象が。

P8260396

【うずら目小鉢】再入荷 (径12×4㎝ ¥1620)

前回と土の配合が変わり、釉をぽってりとかけてあり、

やわらなか雰囲気になっています。

Img_9190

【写真左】 白濁灰釉豆片口鉢 (径7×5㎝ ¥1620)

外側は赤茶に所々黒やグリーンが見られます。

内側はグリーンがかった色と白く濁った釉溜まりがあり、

小さな世界に良さがギュっと詰まっている感じ。

珍味や薬味、ソース入れなどに。

【写真右】 土粉引片口鉢 (径12.5×6.5㎝ ¥5832)

赤土に土で化粧を施し早川さんご自身が調合した灰釉をかけ

長時間焼成したもの。ヒビ模様や大小の鉄点など渋い仕上がりに。

見た感じはゴツゴツしてそうですが、手触りは思ったよりさらりとしています。

煮物や和え物の盛り鉢として。

こちらの2点、片口の形をしていますが、鉢としてお使いください。

P8260472

白磁茶杯 (径7.5×5.5㎝ ¥1620)

上品なツヤとやさしい表情。

Img_9210

白磁6寸面取り鉢 (径18×6㎝ ¥6048)

涼やかで品があり、やわらかな雰囲気。

上からではなく真ん中あたりから面取りが施されています。

P8260402

裏側を見ていただくと面取りがよくわかりますね。

 

今回、粉引や灰釉、白磁など7アイテムを納品していただきました。

ぜひ手に取ってご覧いただけると嬉しいです。

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

 

| | コメント (0)

お知らせ

さこうゆうこさん、早川ヤスシさんから展示のお知らせです。

2016110061

9月の2人展でもお世話になりました 

さこうゆうこさんの

「水耕栽培ポット展」開催中です。

毎年購入されるお客様も多いとか...

窓辺にいくつも並ぶ風景は素敵ですものね。

 

さこうゆうこ 冬の時間

2016.11.4(金)~23(水) 12-19時(土日祝は18時まで)

休み 火・水曜

ヒナタノオト (東京都中央区日本橋)

ぜひお運びくださいね。

 

201611062

そばちょこと豆皿

2016.11.12(土)~19(土)11-17時 (会期中無休)

出展作家

稲葉カヨ、稲村真那、川口武亮、八田亨、早川ヤスシ、林拓児、

平岡仁、村山朋子、安福由美子、結城彩

sizuku (大阪府堺市)

ぜひご覧くださいね。

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

 

| | コメント (0)

早川 ヤスシさんから....

埼玉県北本市で作陶する早川ヤスシさん、

新しくお取扱いさせていただくことになりました。

今回は鉄釉や白粉引、灰粉引などなど8アイテム届いていおります。

P7180028

鉄釉ボウル(2,700円)、鉄釉5寸皿(2,160円)

P7180005

白粉引湯呑(2,160円)つやっと上品な湯呑。こちら愛用中です。

P7180007

うずら目小鉢(1,620円)

P7180001

白粉引スープカップ(3,024円)耳付きが可愛い!

P7180011

灰粉引8寸皿(5,184円)松の灰釉を使用したあたたかみのある皿。

しっかりとした重みで安定感があります。

P7180010

黒青磁6寸しのぎ鉢(3,888円)青磁に使う素材を釉に使用し

黒っぽく焼き上げたもの。渋い風合いが素敵です。

P7180017

白粉引片口鉢(2,700円)

 

早川さんは武蔵野美術大学卒業後、

すぐに陶芸の道に進まれたのではなく、広告会社で

グラフイックデザイナーとして仕事をされてました。

基本、色々なスタッフとの共同作業の仕事だったため

ある時期から少しずつ最初から最後まで自分で作ると

いうことをやってみたいという気持ちが大きくなり..

デザイナーの仕事を辞め、

2013年に北本市に工房を構えます。

美大では油絵を専攻されていたので、素地の上に化粧土や

釉薬を重ねて風合い作り出す事と絵画で地塗りの上に

絵の具を塗り重ねていく事に共通する物を感じているそう。

 

こちらの作品は7/21(木)~店頭に並びます!

ぜひ手に取ってご覧くださいね。

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

 

| | コメント (0)