カテゴリー「三浦 ナオコ」の記事

企画展「五感に響く一杯のお茶」 出展作家の紹介

今回の展示の出展作家をご紹介していきます。

P4160111bl

小山 乃文彦 (おやまのぶひこ)

1967 熊本県生まれ

1992 常滑市立陶芸研究所修了

1996 愛知県常滑にて独立、築窯

粉引中心に制作

P4160118bl

城 進 (じょうすすむ)

1971 大阪生まれ

1995 京都精華大学美術学部造形学科陶芸専攻

    2000年までに 世界50カ国を旅する

現在、三重県伊賀市で制作

アフリカの泥染の紋様をモチーフとした鉄絵を始め

粉引や白磁などを制作

P4160135bl

三浦 ナオコ (みうらなおこ)

北海道生まれ

桑沢デザイン研究所 卒業

多治見市陶磁器意匠研究所 卒業

現在、岐阜県多治見にある studio MAVOにて制作

古い器や李朝白磁のような、味わいのある器を制作。

P4160126bl

大浦 裕記 (おおうらひろき)

1978 兵庫県生まれ

2002 沖縄読谷で修行

2007 兵庫県で独立→千葉へ

現在は兵庫県篠山市にて作陶

漆や錫などを使い独特な風合いを表現

P4160116bl

山崎 さおり (やまざきさおり)

1975 北海道旭川生まれ

1996 愛知県立窯業技術専門校デザイン科卒業

1997 益子、笠間にて焼き物を学ぶ

2001 笠間市に築窯

急須やポット、茶壺など茶器のみを制作

P4160122bl

境 道一 (さかいみちかず)

1975 長野県須坂市生まれ

1993 岡山県立備前陶芸センター入所
1994 備前焼作家正宗悟氏に師事
1997 長野県須坂市に穴窯築窯
2015 香川県木田郡に穴窯築窯

薪窯で織部や焼き締め、灰釉などを制作

 

企画展「五感に響く一杯のお茶」 

2018年6月2日(土)~10(日) 11:00-17:00

<期間中の休み 6/6(水)>

出展作家

大浦裕記、小山乃文彦、境道一、城進、三浦ナオコ、山崎さおり

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

Instagram @saviniwa

 

 
 
 

| | コメント (0)

初荷と展示のお知らせ

今年最初に届いたのは、千葉県で作陶されている

志村和晃さんの作品です。

Img_1034

染付オランダ輪花6寸鉢と小鉢。

こちらは当店で初めてご紹介となります。

輪花の形に果実の文様...最強の組合せ?ではないでしょうか...(^^)

和え物、煮物、サラダ...小鉢のほうでしたら、デザートにも良さそうです。

Img_1049

染付瓔珞文そば猪口

瓔珞(ようらく)は古代インドの貴族の装身具のことで

仏像の胸の飾りにも描かれました。 

お寺や仏壇にもこの瓔珞という飾りが見られます。 

姿勢がしゃんとしそうな気品あふれるそば猪口ですね。

Img_1035

<再入荷>人気の染付だみ花文輪花6寸皿。

Img_1040

<再入荷> 人気の染付小紋長角皿 

明日1/11~ご覧いただけます。通販に関しては

来週以降、オンラインショップに載せますので 

それまでもうしばらくお待ちください。

 

そして、最後に展示のお知らせが届いています。

Img_1026

三浦ナオコ  

1/13(土)~24(水) 11:00-19:00 

在廊日 1/13(土)

コホロ 淀屋橋 (大阪市中央区)

三浦さんの美しい白磁に会いにぜひお出かけください。

savi no niwaにもDMございますので、ご自由にお持ち帰りください。 

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

Instagram @saviniwa

 

| | コメント (0)

お知らせ

今日から6月。

次の企画の準備に追われているのですが

いつもなら、作家さんの作品が届くまで

DMづくり以外はあまりすることがないのですが

今月にあります「サビノニワあらもの展」では

並べる商品をすべて厳選し仕入れるという、、、

以前の店(雑貨店)の時の感覚を久しぶりに味わっております(笑)

そして、どんどん商品が届いているので(店には置けず)

家のほうにも流れ込んでおります~

そんなこんなで、いつもの企画とはまた違うsavi no niwaを

見ていただけると思います!

楽しみにしていてくださいね!

さて、展示のお知らせが届いております。

201706011

小倉広太郎、三浦ナオコ、古道具ハチミツ

2017.6.10(土)-6.18(水)11:00-18:00

玄道具店 (大阪市北区池田町17-8マンション和幸1-1)

先日、ご紹介しました三浦ナオコさんが出展されます。

古道具と合わせての展示、楽しみですね。

詳しくは三浦さんのインスタグラムでご確認ください

続いて、

201706012

久しぶりに経塚さんから作品展の案内が♪

savi no niwaで展示してからもう2年が経ちましたが

またできるといいなぁ、、、と最近ふつふつと。

経塚真代 作品展

「本の窓から消えていく」

6/1(木)~6/15(木)10:00-22:00

ヒシガタ文庫(札幌市東区北25条東8丁目2-1)

TEL 011-712-2541

お近くの方はぜひ!

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

 

| | コメント (0)

三浦ナオコさんから

岐阜県多治見で作陶されている三浦ナオコさん

新しくお取扱いさせていただくことになりました。

美しい白磁のうつわが届き、しばし、うっとり...

三浦さんの作品は凛とした中にも温かみがあり、

古物ような表情と新しさを併せもっていると思います。

Img_7864

隅切長皿(21.5×14×高さ2.5㎝)¥6264

角を切り落としたことで柔らかな印象に。

焼き魚、お刺身、天ぷら、とんかつ、炒め物....

メイン料理からデザートまで、和洋問わず使っていただけますし、

長皿は食卓のアクセントになるのでおすすめです。

Img_7802

広東型そば猪口(径8×6㎝ 100ml)¥2700

高めの高台、口縁が少し反った特徴のあるフォルム。

スッキリとして美しいですね。

こちらでゆっくりお茶を楽しみたいです。

Img_7797

木瓜皿(14×10.5×高さ2㎝)¥2592

菓子皿、取皿として。

これからの季節ですと、水ようかん、ゼリーなどに...良さそう!

Img_7809

平皿(大:径21.8×2.5㎝、中:径18.5×2.5㎝)¥7020、¥4860

リムの立ち上がりがあるので盛り付けしやすく、

少し汁気のあるお料理も可能です。

こういうシンプルなお皿が1番使いやすいのではないでしょうか?

大はメイン料理、ワンプレート料理に、中はサラダやデザートなどに。

美しい釉薬の溜まりや流れもお料理とともに堪能していただければ...

Img_7808

レンゲ(13.5×5㎝)¥1944

もちろんレンゲとしてスープや炒飯、デザートに

使っていただくのもいいのですが

一口で楽しめるお料理やデザート、

またはソースを入れたりとうつわとして使うのも良さそうです。

Img_7790

最後にやわらかな曲線が印象的な輪花深皿。

(径15.5×4.5㎝)¥5184

とろりとした釉薬の流れも良い表情に。

-----------------------

三浦ナオコ

北海道生まれ

桑沢デザイン研究所 卒業

多治見市陶磁器意匠研究所 卒業

現在岐阜県多治見市にある、studio MAVOにて作陶

-----------------------

次の店舗営業が5/18.19.20になります。

またオンラインショップ掲載にも少し時間がかかりそうなので

もし気になる作品がありましたら、気軽にお問合せください。

メール CZZ01063@nifty.com

 

savi no niwa

http://www.savi-niwa.com/

 

| | コメント (0)